メーターの話

機械好きはメーターが好きである。

私もそうですが、機械が好きな人って「メーター」が好きだと思います。特にアナログメーターが良いですね。最近はどんどんデジタル式になり、針がぴょこぴょこ動くメーターはどんどん減っています。読み取りも容易ですし、故障のリスクを考えると自然な流れかもしれませんが、少し寂しくもあります。

さて、なぜ突然のメーターの話かというと、無線機に外付けメーターをつけてみたからです。たまたま使っているリグに外部メーター端子があったので使ってみました。

こちらAliExpress で送料込みで800円くらいの電圧計 (MAX : 5V) です。外装はプラスチック製で非常にチープですが、丸窓なのがレトロ感を醸し出しています。針先が若干オシャレになっているのもポイント高いです。かつての自作無線機らしさのあるメーターが欲しかったので、見た目上は満足しています。ただし、実用的かと言われたらそんなとこはありません。メーターが動いているのを見て楽しい人にはオススメです。

さて、ICOMもKENWOODも既にアナログメーター搭載のリグはないですが、YAESUだけは上位機に搭載し続けています。モデルチェンジしていないだけだと思いますので、おそらく後継期には搭載されないのでしょう……。ICOM機、KENWOOD機共にアナログメーター風のメーターを表示する機能がありますが、やはり「風」でしかないというのが正直なところです。アナログメーター好きとしては残念ですが、それもまた技術の流れですので致し方なし。

一括りにメーターといっても実に多種多様、用途によって色々な形式をとります。無線機に限らず、機械なら何でも好きですが、やはりまずメーターを確認してしまいます。きっとご共感いただけることでしょう。これからもいろんなメーターに出逢いたいものです。

コメントを残す

CAPTCHA