IC7600でN1MM+のボイスメモリを快適に使う

以前、「CI-Vを駆使しIC7600でN1MMのボイスメモリーを快適に使う」という記事にて「CI-Vコマンドを送信し、リグのDATA MODEをON/OFFすることでN1MM+のボイスメモリを有効活用する」という方法を紹介しましたが、よりシンプルな方法がありました。

環境

・ログソフト : N1MM+ (Version : 1.0.8779.0)
・リグ : IC7600 (Version : 2.0)
 (USB経由でリグコントロール、変調入力が行えるICOM機は大凡この方法が使えると思います。)

方法

1. N1MM+ の “Config” を開きます。

2. “Use Logger+ Audio” をクリックします。

3. “Playback” の中にある “Internal Radio Codec” にチェックを入れます。

以上です。これだけでN1MMから音声を出力した際に自動でリグの変調入力先が変更されます。リグのモードがDATA MODEにならないので、N1MMがエラーになることもなさそうです (前回記事の方法だと、DATA MODEになった際、N1MM側がPhoneモードから外れたと判断しエラーになる場合があるようです)。

さいごに

凡人が欲しいと思った機能は大体実装されているということがよく分かりました。この機能を使えば、USB入力とMIC入力を共存できないリグでも快適にボイスメモリが使えそうです。

コメントを残す

CAPTCHA