2021年JIDX(CW部門)コンテスト参加

4月10日16時~11日22時(JST)にかけて行われた、JIDXコンテスト(CW)に参加しました。JA局はDX局と、DX局はJA局とのみ交信できるコンテストです。社会人になってから初のコンテスト参加となりました。

JIDXは参加局数の割に部門も多く、エリア毎に入賞局が発表されるため、かなり入賞しやすいコンテストです。私自身、昨年の21L部門では64局しか交信しなかったものの、「JA局第3位、JA1局(1エリア)第1位」を獲得しました。
入賞難度以外にも、参加しているDX局は必ず日本にアンテナを向けているので、豪華な設備がなくとも比較的交信がしやすいです。DXコンテストの入門に最適だと思います。

さて、今年参加した部門ですが「ALL BAND / LOW POWER部門」を選びました。いつも通り、呼び周り中心のまったり運用です。

コンテスト結果

DXコンテストは大凡100局を目標にしていますが、今回もなんとか超えることができました。ただ、同時刻に開催されていた「ガガーリンコンテスト」の参加局を呼んでしまった分があり、確定版では100局を切ってしまうと思われます……。確認は大事です……。

とはいえ!今回も世界中と交信することができ大満足です。
やっぱりCWは楽しい!DXコンテストは楽しい!社会人になってもまだまだアマチュア無線を楽しんでいきたいと思います!

【交信した国・地域・周波数帯】
・9M2: WEST MALAYSIA (7 / 14)
・BY: CHINA (3.5 / 7 / 14 / 21)
・CX: URUGUAY (7)
・DL: GERMANY (14)
・DU: PHILLIPNES (7 / 14 / 21 / 28)
・EU: BELARUS (14)
・F: FRANCE (14)
・FK: NEW CALEDONIA (14 / 21)
・GM: SCOTLAND (14)
・HA: HUNGARY (14)
・HL: KOREA (3.5 / 7 / 14)
・HS: THAILAND (14 / 21)
・JT: MONGOLIA (21)
・K: U.S.A. (3.5 / 7 / 14)
・KH0: MARIANA ISLANDS (21)
・KL: ALASKA (7)
・LY: LITHUANIA (14)
・LZ: BULGARIA (7)
・OH: FINLAND (14)
・OH0: ALAND ISLANDS (14)
・SM: SWEDEN (14)
・UA: EUROPEAN RUSSIA (14 / 21)
・UA9: ASIASTIC RUSSIA (3.5 / 7 / 14 / 21)
・UR: UKRAINE (7 / 14)
・VK: AUSTRALIA (7 / 14 / 21 / 28)
・VR: HONG KONG (7 / 14 / 21)
・YB: INDONESIA (7 / 14 / 21)
・YL: LATVIA (14)
・YU: SERBIA (14)
・ZL: NEW ZEALAND (7 / 14 / 21)

コメントを残す

CAPTCHA